<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>



【ボディ・ジャック】 映画・・・ネタバレなし

 ボディ・ジャック 10月25日(土)公開 93分

公式サイト: http://www.bodyjack.jp/

監督: 倉谷宣緒 
原作: 光岡史朗 
音楽: 水澤有一 
出演: 高橋和也 柴田光太郎 安藤希 星ようこ 重泉充香 
小林且弥  内浦純一

映画ファンとして正直な話、制作費などにお金をかけていないだろう点から、荒削りな部分や、ツッコミどころ満載な映画で、観たことはないのですが、Vシネマってこんな感じなのかなって思わせるような作品です。
(この作品が、Vシネマではありませんが)

純粋な作品の内容としては、フィクションでありながら、ノンフィクションとも思える部分も多く、気付きや発見の多い作品であると思いました。

パンフレットや、公式サイトなどを読んで、秋葉原の無差別殺人に触れていたと思うのですが、この事件もボディ・ジャック(憑依)によって、残忍性に拍車をかけていたとしたら恐ろしいと思った。その核心部分には、ここでは触れないようにしようと思いますが、結局は、他人への妬み、恨みなどの悪い想いの部分に、人斬り以蔵のような殺人のプロの霊が同通して、ボディ・ジャック(憑依)され、プロの手口で殺人を犯してしまうとしたら・・・

悪いのは、ボディ・ジャック(憑依)を許してしまうような悪い想いを出してしまった自分です。事件の記憶がないとしても、それは、起こした自分の責任であることには変わりがない。例えば、泥酔状態で交通死亡事故を起こしてしまって、事故の記憶がなくても、その責任は事故を起こした本人、運転手にありますよね、それと同じ。

こういう事件が起きると、家庭環境や、生い立ちばかりに目が向くけど、辛い環境で生きてきた人なんて他にいくらでもいる。でも、殺人事件なんて起こしていない人が大半のはず。悪いのは、何かが起きた時に、どう思うか、どう感じるかという個人の思いの部分が大きいはずです。早くそこに気付くと良いな。

話が大きくなりましたが、悪い想いを抱かないようにと、日々、自分を律していかないと大変なことになるなと、身震いするような発見もある映画でした。

そんな怖い発見もありながら、根底には、家族愛など、本当に大切なものを問うようなシーンも多く、愛しているからこそ、すれ違ったり、憎しみを感じたり・・・自分の経験なども通して、いろいろと考えさせられる映画です。

東京でしか上映されていないことを知り、諦めていましたが、偶然、東京へ行く用事が出来て、観光でもと思いつつ、観光で満たされる者ではないので。映画を観ることが出来て良かったです♪^^


個人的、独断と偏見評価: ★★★★☆

※ 名古屋では、まだ上映が決まっていません。現在、東京のみ。
◆キネカ大森(東京・大森)
2008.11.02 Sunday 22:56 | - | - | 
<< 【ハンサム★スーツ舞台挨拶決定!】 センチュリーシネマ | main | 【名古屋試写会情報】 更新 >>