<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>



【私の中のあなた】 映画・・・ネタバレなし

 10月9日(金)公開 110分

公式サイト:http://watashino.gaga.ne.jp/

脚本、監督: ニック・カサヴェテス
出演: キャメロン・ディアス、アビゲイル・ブレスリン、アレック・ボールドウィン、
ジェイソン・パトリック、ソフィア・ヴァジリーヴァ、ジョーン・キューザック

109シネマズのカード会員は、今日、19日、映画が千円で観られる日だったので、【私の中のあなた】を観て来ました。
まあ、おおよそ、シンプルストーリーですが、素直に泣ける映画です。

こういう映画(原作がベストセラー)は難しいと思うのですが、キャメロン・ディアスをはじめとする、出演人に助けられたんではないでしょうか。出来れば、もう少し長くして、丁寧に描いて欲しかったような気がします。
(この映画が丁寧ではない、と言う意味ではありません)

「死」というものに対して、死後どうなるのか知らない人たちにとっては、
なかなか重い作品かも知れませんが、なんか勿体ないなぁ!

病気の子供のほうが、親より精神的に大人ですよね、意外と、こういう家族が多いと思います。やはり、後に生まれる子は優秀なのが法則。^^

生まれてきたことの意味、生きていることの意味、そして死ぬことの意味。
それらの本当の意味を、みんなが理解出来る日が来ると良いなと思わずにはいられません。生き方が変わる、そんな体験を、皆さんが出来ることを願って♪


個人的、独断と偏見評価: ★★★☆☆ 3.0 

※名古屋では、下記の映画館で上映。(右にリンクあり)
◆ミッドランドスクエアシネマ
◆109シネマズ名古屋
◆イオンシネマワンダー
◆TOHOシネマズ名古屋ベイシティ
◆中川コロナシネマワールド


JUGEMテーマ:映画
2009.10.19 Monday 21:28 | - | - | 

【ハリー・ポッターと謎のプリンス】 映画・・・ネタバレなし

 7月15日(水)公開

公式HP: http://harrypotter.warnerbros.co.jp/site/mainsite/

監督: デヴィッド・イェーツ
原作: J・K・ローリング 「ハリー・ポッターと謎のプリンス」
出演: ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、
    マイケル・ガンボン、他

始まりは2001年―ハリー・ポッターという名の少年が、世界に初めて魔法をかけたあの日。そして今、史上最強のファンタジーは、ついにクライマックスの幕を開けようとしている!いまだ明かされていない謎、秘密の結末すべてが解き明かされる瞬間が、いよいよ迫る!
シリーズ第6章『ハリー・ポッターと謎のプリンス』は、すべてを見届けるための、なくてはならないパスポートだ。魔法界から、私たちが住む人間界に入り込む魔の手―。未来を救うカギは【過去】にある! 時をさかのぼり、ついに見つけた宿敵ヴォルデモート卿の最大の弱点、隠し続けてきた命取りの秘密とは? 行く手に待ち受けるまさかの出来事。そしてかつてない大きな悲しみが、ハリーを襲う!


期待に期待をして観たせいもあってか、「マトリックス2」を観た後のような気分になってしまった。( ̄∇ ̄;)

つまり、「え〜、もう終わり!?」 @不完全燃焼

映像の迫力、スピード感などは、それなりで申し分ないとは思ったのだけど、内容がないのに終わってしまったかのような気持ちになってしまったのです。
そこまで先延ばしするのか、と言った感じが否めなかった。

なので、ちょっと厳しい採点になったかも知れません。
あくまでも、個人的独断と偏見ですが、否定するつもりはありませんので、悪しからず。^^


個人的、独断と偏見評価: ★★★☆☆  3.0


JUGEMテーマ:映画
2009.07.20 Monday 23:59 | - | - | 

【オーストラリア】 映画・・・ネタバレなし

 2月28日(土)公開 165分

公式サイト:http://movies.foxjapan.com/australia/

監督: バズ・ラーマン 
出演: ニコール・キッドマン、ヒュー・ジャックマン、デビッド・ウェンハム 
ジャック・トンプソン

こういう大地を舞台にした映画が、そもそも好きなのですが、オーストラリアの大自然の中で繰り広げられる物語に、夢中になりました。ストーリーや、話の展開など、どれを取ってもイイ♪^^

ニコール・キッドマンが良かったと評判も聞いていたのですが、確かに、母国オーストラリアでの演技は、今までより自然体でいられたのかも知れません。
ただ、イギリス人を演じることを知って、残念だったと思う気持ちは、分からないでもないです。^^

ニコール・キッドマンと、ヒュー・ジャックマンは、もちろん、アボリジニとの混血の少年の瞳、彼の瞳がキレイなことが、この映画の成功に大きく関与していたと思います。ものすごく印象的でした。

ヒュー・ジャックマンの当たり役、X-メンと重なって見えたシーンもありました。笑 ですが、全般的に、ニコール・キッドマンと、2人とも、素直に今回の役として観ることが出来ました。大物俳優、女優だと、大抵、過去の役が邪魔したり、力みが見えるような気がするものなんですけれど。

彼女の、「勝気で強い女性に見える外見」を生かした役だったことも、良かったのだと思います。

ほんの少しだけ、泉で泳ぐようなシーンが出てきましたが、ニコール・キッドマンをはじめ、スタッフの女性も、この「子宝の泉」に入って、妊娠したんだとか!? さすが、オーストラリア!^^

あまり褒めると、ハードルが高くなって、ツマラナイと思われては申し訳がないのですが、映画館で観て欲しいなと思う作品でした。

女性だけでなく、主人も絶賛していましたので、男性にもオススメです。
特に、恋人、夫婦など、カップルで、いかがでしょうか?^^


個人的、独断と偏見評価: ★★★★★  5.0

※名古屋では、下記の映画館で上映。(右にリンクあり)
◆ミッドランド スクエア シネマ
◆109シネマズ名古屋
◆イオンシネマ・ワンダー
◆TOHOシネマズ名古屋ベイシティ
◆中川コロナシネマワールド
2009.03.01 Sunday 23:08 | - | - | 
 | 1 / 2 PAGES | >>