<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>



【ブーリン家の姉妹】 映画・・・ネタバレなし

 10月25日(土)公開 115分

公式サイト: http://www.boleyn.jp/

監督: ジャスティン・チャドウィック 
原作: フィリッパ・グレゴリー 
脚本: ピーター・モーガン 
出演: ナタリー・ポートマン  スカーレット・ヨハンソン 
エリック・バナ ジム・スタージェス

ハリウッドの人気スター女優2人が共演するあって、どちらの出演作も観ているファンとしては見逃すことの出来ない作品でした。

ナタリー・ポートマンの気迫、また、正反対の演技とのギャップが良く、ストーリーも相まって胸を打たれました。好きですね、こういう映画。事実とは少々異なる部分もあるのかも知れませんが、それを推測しつつ観るのも楽しくて。^^

後の女王、エリザベス1世を生むことになる、ブーリン家の娘たちの話。実際には、どちらが姉で妹なのか明らかにはなっておらず、映画とは反対の姉、妹関係だったのではないかと言うのが一般的のようです。

ですが、この映画では、ナタリー・ポートマンが姉であるほうがシックリします。事実は、既婚者が姉であるほうが納得出来る気がするのですが。

まあ、それはさておき、国が違っても、大奥ばりの女の戦いのようなものが存在するんですね。嫉妬、恨み、妬みを女たちに抱かせるような、そんな王(将軍)である男たちの甲斐性の無さが露呈してるだけのような気がするけれど。

ブーリン家の弟役に、「アクロス・ザ・ユニバース」ジム・スタージェスが、出番は多くは無いけれど、重要な役を演じています。

「エリザベス供で、女王を刺そうとする若き騎士役をした男性も、なかなかの役どころ。イギリス的な顔立ちからか、今後も期待。

なかなか見応えのある作品だとおもいます、「エリザベス」に思いを馳せつつ、イギリスの歴史の重要な部分を初めて知り。
主人も、この手の映画にしては珍しく、満足したようです。

事実を調べてみたところ、彼女たちの母親も愛人であった(かも)とか、後に従妹も結婚し処刑されているなど、高貴な家系に生まれるというのも、悲劇だなと思わずにはいられません。

どう生きたいか、自由裁量が大きい現代は、幸せなことだと思います。意志がはっきりしていれば・・・ですが。

美しい衣装など、肖像画などを参考に再現されているようですし、見どころのひとつだと思います。この作品は、映画館でご覧下さいね。^^


個人的、独断と偏見評価: ★★★★☆ 4.5かな

※名古屋では、下記の映画館で上映。(右にリンクあり)
◆ピカデリー
◆イオンシネマ・ワンダー
◆TOHOシネマズ名古屋ベイシティ
2008.11.10 Monday 23:07 | - | - | 

【センター・オブ・ジ・ア−ス】 映画・・・ネタバレなし!?

 10月25日(土)公開 92分

公式サイト: http://center.gyao.jp/

監督: エリック・ブレビグ 
原作: ジュール・ベルヌ 
総指揮・出演: ブレンダン・フレイザー 
出演: ジョシュ・ハッチャーソン アニタ・ブリエム 
声の吹替: 沢村一樹 入江甚儀 矢口真里

3D版(日本語吹替版)で鑑賞しました。

字幕版は、3Dではなかったんですね、大人だけなら、それで良いかも。
と、言うのは、3Dだと疲れます、集中出来ません。

ストーリーが単純で、トントン進んでしまうのは、子供向けであると思うので仕方がないことだと思います。が、本当に何もなさ過ぎ。笑
だから、せめて3Dで観る方が・・・と言うレビューも読んだのですが、だからって変わり映えはしないような。 ( ̄∇ ̄;)

テーマパークのアトラクションのような、そういう挑戦は良いと思いますが、時間が長いと3D眼鏡って大人でも疲れますよ。子どもは嫌気がさしていたし。汗 
それでも、子どもたちには面白かったようで、満足気ではありました。

パンフレットを最初に見てしまうと、それが全てと言うくらいに、内容はありません。注意が必要です!? 風景などの映像は面白いと思いますけど。

「ハムナプトラ」ブレンダン・フレイザーが主演ですから、安心して観られます。また、甥役のジョシュ・ハッチャーソンは、「テラビシアにかける橋」での好演が印象に残る、将来の名優だと思うので、それも良かったです。

期待が大きかったので、少々辛口の評価ではありますが、★4つくらいでも良かったかも知れません。^^


個人的、独断と偏見評価: ★★★☆☆ 

※名古屋では、下記の映画館で上映。(右にリンクあり)
◆TOHOシネマズ名古屋ベイシティ
2008.11.08 Saturday 22:57 | - | - | 

【イーグル・アイ】 映画・・・ネタバレなし

イーグル・アイ (シャイア・ラブーフ、ミシェル・モナハン 主演) 10月18日(土)公開 118分

公式サイト: http://www.eagleeyemovie.com/intl/jp/  

監督: D・J・カルーソー 
製作総指揮: スティーブン・スピルバーグ 
製作: エド・マクドネルほか 
出演: シャイア・ラブーフ  ミシェル・モナハン  ビリー・ボブ・ソーントン

なかなか面白かったし、出演者も味があって申し分なかったです。
でも、改めて振り返ってみると、普通〜な感じもしなくもないかな。

始めのほうのスリル感は、後のほうでは感じなくなってしまったし、犯人もすぐ分かるような展開は勿体なかった気がする。

リアリティーを追求してあるせいか、その部分は良かったと思う。
個人的に、科学的な部分で『こんなことって、あり得るの?』と思ってしまうトコもあったけど、まあ、たまたまあり得たのが、この映画・・・と思うことにした。

こんな事も起こりえるかもと思って観ることの出来る内容だと思うので、どっぷりと浸かって観てみてください。観るなら、劇場の方が良いと思います。^^


個人的、独断と偏見評価: ★★★☆☆ 面白かったけど、普通かな

※名古屋では、下記の映画館で上映。(右にリンクあり)
◆ミッドランド スクエア シネマ
◆109シネマズ名古屋
◆イオンシネマ・ワンダー
◆TOHOシネマズ名古屋ベイシティ
◆中川コロナシネマワールド
2008.10.18 Saturday 23:25 | - | - | 
 | 1 / 10 PAGES | >>